30代からはじめるバスタイム若返り法

MENU

意外と見落としがちなバスタイムによる30代幸せ習慣

仕事もプライベートも充実していると言われる30代。

 

女性としての魅力も増し、まさに今が旬という方が少なくありません。一方で40代を目前として、アンチエイジングや、バストのお手入れなど、いつまでも女性らしくいるための自分磨きも欠かせません。

 

ケアする人とケアしない人の差がはっきり出るという30代。

 

そこでバスタイムを通して簡単にできるバストケアと若返り法をご紹介したいと思います。

 

 

女性がいつまでも若々しくいられるのは、女性ホルモンのおかげだと言われています。一方で、年齢を重ねるごとに、女性ホルモンの分泌が減り、バストのハリ、髪の艶、肌の弾力などが失われてきます。

 

女性ホルモンを活性化させ、若返る為の秘訣は、身体に触れることと、香りをかぐこと、そして身体を温めることがポイントです。

 

1つめの身体に触れることについては、バストなどのマッサージが最適です。質の良いキャリアオイルに、ホルモンを活性化させるというローズやイランイラン、ゼラニウムなどを適量まぜ、ネックラインからバストライン、お腹や太ももなど、全身を優しくマッサージしましょう。特に、ローズの香りのオイルは、女性ホルモンの分泌を促します。

 

香りに関しても、入浴剤を好きな香りにしてみたり、ローズやジャスミンなど、女性力をUPさせてくれるような香りを選ぶのがポイントです。

 

3つ目の身体を温めることですが、時間がないからと言って、簡単にシャワーなどで済ませていませんか?毎日湯船につかる必要はありませんが、1週間に数回は、きちんと入浴することを心がけましょう。

 

ぬるめのお湯でゆっくりと入浴することで、血液が促進され、新陳代謝が高まります。冷え性が改善されることで、女性ホルモンのバランスが安定し、生理不順や生理痛、イライラの症状などが改善することがあります。入浴中は、リラックス度を高める為に、アロマキャンドルを灯したり、好きな音楽を聴いたりして、自分だけの空間と時間を作るようにしましょう。

 

また、イメージングや色の効果によっても、若返り効果が期待できるのをご存じでしょうか。お姫様になったような気分で、湯船に花びらを浮かべてみたり、若返り効果があるとされるピンク色のバスグッズを揃えたりして、女性であることを意識するのも有効です。このように、バスタイムは、女を磨き、若返らせるプライベートな時間と空間です。ただ何となくお風呂の時間を過ごしていた人も、今日からさっそく始めてみましょう。