30代女性に人気の3つの豊胸手術

MENU

30代女性に人気の3つの豊胸手術

 

 

最も確実にバストをサイズアップできる、そして垂れの改善やバストの左右バランスを確実に整える方法として定番となっている豊胸手術。

 

現在、豊胸手術は昔と違って安全で確実な方法も確立されているため、検討する価値がある30代のバストアップ方法です。しかし30代女性の間でも豊胸手術を行う方々はいますが、その方法とコストパフォーマンスなどはしっかりと把握しておく必要があります。

 

当サイトでは効果と安全性そしてコスパの観点から30代の女性に人気の3つの豊胸手術を紹介しています。

 

 

ヒアルロン酸注入法

 

 

最も簡単に、そして手軽に行えるものとして人気の方法がヒアルロン酸注入法です。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分で保湿に役立ち、化粧品などにもよく配合されている成分。シワやたるみの改善などにも利用されていますがバストアップにも効果的でメスを使わず注射だけで手軽にサイズアップしていくことができます。ですが、ヒアルロン酸注入法は少しずつ体内にヒアルロン酸が吸収されていくため、大幅なバストアップ効果は期待できません。あくまで気軽にバストのサイズアップと形をキレイにしたい、まずは効果を確かめてみたいという方々に向いている方法です。

 

脂肪注入法

 

 

現在、最も注目されている豊胸手術の方法が脂肪注入法です。脂肪注入法はまず本人の脂肪の多い部位から脂肪を吸引し、それをバストに注入するものです。人気の秘密は本人の脂肪を使うので安全性も高く、感触も自然なためです。しかし、これまでの脂肪注入法はバストへ注入した脂肪が定着せず、メンテナンスの頻度が多くなるためコスパが悪いことがデメリットでした。ですが現在では脂肪注入法も進化して様々な種類が確立され、より脂肪がしっかりと定着し、石灰化などのリスクも抑えられるようになりました。

 

PPPジェル法

 

 

ここ数年で確立された比較的、新しい手法がPPPジェル法です。PPPジェル法は本人の血液を利用した再生利用でアレルギーの心配も少なく、異物や薬剤は不要でバストアップができる方法です。またバストのサイズアップや垂れの改善だけでなく、深いシワの改善や顎のボリュームを出したいときにも利用されている治療方法です。ダウンタイムがかなり短く抑えられており、体への負担も少なくなっていることで注目されています。しかし、効果の持続期間はあまり長くはなく、大幅なバストアップは難しいというのがデメリットです。さらに豊胸手術としては新しい治療ということもあり、利用できる医療機関はまだ限られています。

 

リスクを恐れないか?新しい習慣で地道にケアするか?

 

 

30代になると外見も少しずつ老化が進んできますが、特にバストは変化がわかりやすい部分です。若い頃と比べてハリがなくなった、下がってきたいという悩みを持つ人もあれば、授乳の影響でしぼんでしまった、卒乳後に形が崩れてしまったなどの悩みを持つ人も少なくありません。

 

 

こうした30代女性のバストの状況において最も大切なことは「リスクをとるか?」、「地道なケアを習慣化するか?」ということです。豊胸手術はサイズアップや垂れの改善などを確実に行うことができます。しかし、当サイトでは豊胸手術は30代女性のバストケアとしては正しい方法だとは思っていません。なぜなら、リスクが高すぎるからです。豊胸手術の失敗例やコスパの問題などあまりにも危険性がありすぎます。

 

一方、30代で見事にキレイな美乳になった女性の多くはバストアップサプリ・バストクリーム・ナイトブラ・バストアップエステなどを自分のカラダとココロの状況に合わせてカスタマイズすることで地道なバストケアを実践し続けています。

 

 

そのため、豊胸手術を検討する際は安全性を特に注意し、デメリットを十分に考慮してから決断するのが賢明です。

 

 

関連ページ

豊胸手術のデメリット〜実はこんなに怖い?〜
どうしてもサイズアップしたくて豊胸手術を受けようか迷っている30代女性の方々!ちょっと待ってください。豊胸手術のデメリットを詳しく知ってからでも遅くはありません。後悔しないための豊胸手術のデメリットを詳しく解説。